「STINGER8」にSTINGER管理の機能を自分で追加してみよう

technology-1283624_1280

先日お試しでインストールして「乗り換えは見送りかな?」と判断したSTINGER8ですが、ちょっと見方を変えてみる事にしました。

思えばSTINGER PLUS+は標準装備の機能が多過ぎて使っていない部分が結構ありますので、実際に使っている機能だけをSTINGER8に巧く反映する事が出来れば、ムダな部分を排除して軽量化したSTINGER PLUS+になっちゃったりする?とか思ってみたわけで。

スポンサーリンク

STINGER管理を部分的に自分で実装する

それでは私が実際に設定しているSTINGER管理の項目をリストアップして、その中で手動やプラグインで何とか出来そうなものは対応方法を検討するという形で書いてみる事にします。

と言うか、こうしてまとめだしたらSTINGER管理画面の目次と実際の項目の位置が微妙にズレてるような…まぁ細かい話はおいといて、とりあえず見出しの前の記号はこんな感じの意味です。

○:手動・プラグインで比較的簡単に対応可能
△:対応出来ない事も無いけど少々面倒かも?
×:phpのカスタマイズが必要っぽいので後回し

大事な事なので最初に書いておきます

今回に限った話ではありませんが、基本的にテーマのカスタマイズは全て子テーマで行っていますので、念の為。

デザイン・レイアウト関連設定

○ ウィジェットにショートコードを使用する

functions.phpに以下の行を追加すれば、ウェジェットでショートコードが使えるようになります。

add_filter('widget_text', 'do_shortcode');

○ ページ内スムーススクロールを使用する

手動で設定する場合

jQueryのSmooth Scrollを導入すれば良さそうです。WordPress以外のブログで利用した事がありますが、jQueryの設置に関しては簡単な方なので初めてjQueryを導入する人の練習には最適かもしれません。

プラグインを使用する場合
※2016/11/19 追記
実際にEasy Smooth Scroll Linksをインストールしてみましたが、効果が無いようだったので違うプラグインに修正しました。
  • Easy Smooth Scroll Links等
  • jQuery Smooth Scroll

○ ヘッダーを分割しない(タイトルなどが改行されません)

STINGER8では特に対応の必要無し

○ アイコン・ファビコン設定

外観 > カスタマイズ > サイト情報/サイトアイコンで設定可

投稿・固定記事設定

× トップページのサイドバーの新着記事一覧を非表示にする

ウィジェットには無いデフォルトで表示される部分なので、phpのカスタマイズが必要かと思われます。トップが固定ページの場合は特に問題ありませんが、トップが投稿だと新着記事のリストがメインとサイドバーの両方に並ぶ事になるのでちょっと気になるかも?

いっそトップを固定ページにしてPage Builder by SiteOriginのようなプラグインで、ウィジェットをひたすら並べてトップページを作ってみるのもありかなと思ってみたり。

ヘッダー画像とグローバルメニュー

△ ヘッダー画像をスライドショーで表示する

スライダー系プラグインを使えば何とかなりますが、ヘッダー部に使いたいとなるとカスタマイズが必要になりそうです。と言うか、ヘッダーは固定か画像無しで良ければノープロブレムですね。

× PC用メインメニューを上に表示する

これもphpのカスタマイズが必要でしょうか。どうしても今の場所が嫌だというわけでも無いのでこれはスルーしてもよさそうです。

SNS設定

△ 固定ページでも表示 | SNSボタンを非表示

SNSボタンの表示・非表示の切り替えは出来ないようなので、必要に応じてphpをカスタマイズする事になりそうです。固定ページで非表示にしたいだけならcssで消しちゃうのもありかも?

Google連携に関する設定

手動で設定する方法とプラグインを使う方法を挙げていますが、実際にプラグインは利用した事が無いので詳細はごめんなさいという事で。

また、アナリティクスとサーチコンソールのどちらか片方しか使わないという事は基本的に無いと思うので、両方まとめてやってしまった方が良いかと思います。

手動で設定する場合の前準備

STINGER8の子テーマにはheader.phpが含まれていないので、FTPクライアントかファイルマネージャーを使ってSTINGER8のフォルダから子テーマのフォルダにheader.phpをコピーする必要があります。

または、PC上であらかじめheader.phpを含めた子テーマを作成しておいて、ダッシュボードからインストールする事も出来ます。

※ただし、既に子テーマに対して何らかのカスタマイズをしていると、その分は消えてしまうので注意して下さい。

PC上でheader.phpを含めた子テーマを作成する方法
  • STINGER8と子テーマをそれぞれ解凍する
  • STINGER8からheader.phpを子テーマのフォルダにコピー
  • 子テーマをフォルダごとzip形式で圧縮
  • ダッシュボードから新規追加で子テーマをインストール
    ※上書きインストールは出来ないので、一度でもSTINGER8の子テーマをインストールした場合は、一旦STINGER8以外のテーマを有効化 > 子テーマを削除した後で再インストールして下さい。

○ アナリティクスコード

手動で設定する場合

テーマの編集からheader.phpを開いて</head>タグの前にアナリティクスのトラッキングコードをコピペすればOKです。

プラグインを利用する場合
  • Google Analytics by MonsterInsights
  • All in One SEO Pack
    ↑ STINGERなので使っている人はいないと思いますが一応

○ サーチコンソールHTMLタグ

手動で設定する場合

アナリティクスと同様にテーマの編集からheader.phpを開いて</head>タグの前にメタタグをコピペすればOKです。

プラグインを利用する場合
  • All in One SEO Pack
    ↑ STINGERなので…以下略

やってやれなくは無さそうな気がしてきました

あとはウィジェットの貼り付け場所がほぼサイドバーしか無いのをどうしようというくらいですかね?もう少し何か手を加えようと思ったら子テーマにsingle.php辺りもコピっておいた方が良さげな気もしますが、STINGER8のカスタマイズに関しては、まだリリースされたばかりで若干の手直しも入るかもしれませんので、ある程度落ち着いた頃を見計らって考えてみたいと思います。

それでは今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

コメント

  1. […] が、なくなっちゃったんですね。ちょっと残念…(→作り方は 「STINGER8」にSTINGER管理の機能を自分で追加してみよう で教えてくださってました。…いつかやってみます。) 気を […]

トップへ戻る