無料WordPressテーマ STINGER8 20170614版の更新内容をチェックしてみた

STINGER8 ロゴ

先日 STINGER PRO をダウンロードしようと公式サイトにオジャマした時に、約半年ほど更新されていなかった STINGER8 がなにげに更新されていた事に気が付きました。特にバージョンアップの告知も無かったですし、何を修正したんだろうとちょっと気になったのでその前バージョンとソースを比較してみました。

結論から先に言うと、今回のアップデートは別にしなくて良いのではないか…と思います。むしろ人によっては更新しない方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

STINGER8 20170614版の更新内容

機能的には大きな変更はありませんが、子テーマ・親テーマとも修正が入っています。

STINGER8子テーマver20170614の更新内容

親テーマのCSSを style.css で @import していたのを functions.php で読み込むように修正されています。

なぜ @import だと良くないかというのは、以前こちらの記事で書いた事がありましたが WordPress Codex の中で「良い方法ではない」と言われていたからで、実は私自身はよくわかってなかったりします。

そんなわけで、これは私も自分で修正して使っている部分でした。

この子テーマへの変更に関しては、既に利用している人は手作業で反映するしかないですが「良い方法ではない」というだけで今のところ特に問題があるわけでも無いので、そのまま放置しても構わないように思います。

これ以外はバージョン日付の変更のみでした。

STINGER8ver20170614の更新内容

こちらもさほど重大な変更はありませんが基本的に機能の削除のみです。

当エントリーの導入部で「人によっては更新しない方が良いかもしれない」と書いたのは主にこの削除された部分を利用していたかどうかによって変わってきます。この部分を全く利用していなければ無くなっても気付かないどころか、むしろ不要なスタイルやクイックタグが減った事でスッキリしたと言えなくもない…かな?

ビジュアルエディタからスタイルの削除

はてな、注意、人物マーク、チェックマーク、メモマークが削除されています。

文章の先頭に Font Awesome でこんな感じに装飾してくれるやつですね。

STINGER8 スタイル Font Awesome

変更前

STINGER8 20170614 更新内容 スタイル 変更前

変更後

STINGER8 20170614 更新内容 スタイル 変更後

これはなぜ削除されたか理由はわかりませんが、スタイルの内容までは削除されていないので自分でクラスをつけてやれば普通に利用出来ます。

<p class="hatenamark">はてな</p>
<p class="attentionmark">注意</p>
<p class="usermark">人物マーク</p>
<p class="checkmark">チェックマーク</p>
<p class="memomark">メモマーク</p>

面倒ですけどね…

テキストエディタからクイックタグの削除

フリーボックス、目次(TOC+)、スマホに表示しないボックス、PCに表示しないボックスが削除されています。

変更前

STINGER8 20170614 更新内容 クイックタグ 変更前

変更後

STINGER8 20170614 更新内容 クイックタグ 変更後

TOC+ の目次以外は STINGER8 では元々機能していなかったので特に困らないとは思いますが、私が以前こちらのエントリーで紹介したようなカスタマイズで利用可能な状態にしてあった場合は使えなくなるので注意が必要です。

更新内容を理解した上でアップデートを

今回の更新内容は該当部分を利用していない人にとっては痛くも痒くも無いと思いますが、その部分をフルに活用していた人にとっては改悪と言えなくもありません。

STINGERシリーズ(に限った話でも無いですが)は過去のバージョンをダウンロードする事が出来ないので、手元に何世代か前のバージョンを残しておかないと何か不都合があった時に戻す事が出来なくなってしまいます。そんな時の為に最低でも1つ前のバージョンくらいはキープしておく事をオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る