「WpTHK」から派生した無料WordPressテーマ「Luxeritas」が公開されました!

WordPressテーマ Luxeritas ルクセリタス 画像

以前のエントリーで「WpTHK」の後継テーマと書きましたが、正確には「WpTHK」をベースに派生した新テーマと表現するべきでしたね。

「Luxeritas」は「WpTHK」の機能を引き継ぎつつカスタマイズの自由度を増した、まさにおいしいとこ取りな感じのテーマです。リリースされたばかりの現時点では両者にそこまでの差は見られないものの、今後どのように差別化が図られるのか非常に楽しみです。

ちなみに「Luxeritas」は「ルクセリタス」と読むそうです。

※2016/11/24 追記
アイキャッチ画像は「Luxeritas」の作者である「るな」さんに許可をいただけたので早速差し替えてみました、ありがとうございます!
スポンサーリンク

「WpTHK」と「Luxeritas」ではどこが違う?

こちらで作者さんによる説明がされています。

※現時点の最新バージョンは1.01です。

専門的な分野の話に関してはさっぱりわからないので、そこは素直に「さらに出来るようになったな!」と思う事にして、私のようなアレでも見ればわかる部分だけチェックしてみたいと思います。

カスタマイズ(外観)の差異をチェックしてみた

「WpTHKカスタマイザー」と「Luxeritasカスタマイザー」で設定できる部分に関しては差異が見られなかったので、外観のカスタマイズ関係をチェックしてみました。

全体レイアウト(1)

  • 全体イメージがホワイトとブラックのみに変更
  • 投稿・固定ページにNext / Prevナビゲーション表示が追加

作者さんは「さらに淡泊」になったと言われてますが、個人的にはこの設定だけでも十分だと思っています。

投稿・固定ページのナビ自体は「WpTHK」にもある機能だと思いますが、実際に投稿や固定ページでページ分割した事が無いので実はあまり良くわかってなかったりします…

※2016/11/23 追記
ページ分割時のナビの話では無く、前後の投稿・固定ページに遷移する部分の話だったようです、失礼しました…

全体レイアウト(2)

  • コンテナの最大幅のデフォルトが1170 → 1280に変更
  • 「フッター上部に太線を入れる」→「コピーライト表示部の上に線を入れる 」に変更

パディングの調整もされているので見た目的には変わっていません。フッター部の線に関しては文言の変更だけでは無く、実際に線も細くなっているようです。

カラム操作

「領域の分離と結合」以下の「カテゴリー / アーカイブ系のページ」が「コンテンツ領域」に変更され、以下の項目も微妙に文言が変わっています。

  • コンテンツ領域を記事ごとに分離 → コンテンツ領域を項目ごとに分離
  • コンテンツ領域を結合 → コンテンツ領域の項目を結合

コンテンツ領域とサイドバー

「サイドバーの幅」が「サイドバーウィジェットの幅」に変更され、それに伴って2カラム目、3カラム目のデフォルトの数値がそれぞれ以下のように変更されています。

  • 2カラム目:366 → 336
  • 3カラム目:280 → 250

尚、こちらの設定は

※実際の幅は画面幅によって変動します

との事なので、常に設定した値通りになるわけでは無いようです。

細部の見た目

「PAGE TOP ボタン」のアイコン絡みの変更のようです。

  • デフォルトのアイコンが変更になったのとそれに伴う順序変更
  • 角の丸みが指定可能に

文字サイズ

これは「WpTHK」には無かった設定項目になりますが、サイトのタイトル、キャッチフレーズ、抜粋、記事全体、記事のタイトル、記事内の見出し、サイドバーの見出し、パンくずリンク、ヘッダーナビ、フッターとあらゆる要素の文字サイズが変更可能になっています。

この辺りはcssで変更出来るとは言っても、いざ変えようと思うとセレクタがよくわからなかったり、思いがけない部分にまで影響が出てしまう場合もあるので非常に便利だと思います。と言うか、ここまで細かく設定出来るテーマは他に無いのではないでしょうか。

文字色

  • コピーライト表示部文字色が追加

私はあまり気にした事が無い部分ですが、要望はあったのかもしれませんね。痒いところに手が届く的な改善だと思います。

背景色 / 枠線色

  • コピーライト表示部背景色
  • コピーライト表示部枠線色

こちらもコピーライト絡みの対応のようです。

ヘッダーナビ(グローバルナビ)

  • ナビ上下のpadding(px)が8 → 16に変更

…されたような気がします、若干余白を多めにした?かな?

変更点は以上ではないかと

ざっと見た限りではこんなところでしょうか。当サイトと「Luxeritas」を適用したテスト用サイトをそれぞれ別タブで開いて、目視で交互にチェックするという原始的な手法を使っての検証結果なので、見落としや勘違いもあるかもしれませんがその点はご容赦下さいませ。

今すぐ「Luxeritas」に乗り換えるべきか

基本的な機能にはまだほとんど差が無いので、これから「WpTHK」「Luxeritas」のどちらかを使ってみたいと思っている方なら、カラーのバリエーションはそれほど多くないものの、ホワイトコントラスト、パールホワイト、コーヒー、ダーク、ブラックの中から選択可能な「WpTHK」か、ベースカラーはホワイトかブラックの二択になりますが、各要素のフォントサイズが細かく設定出来る「Luxeritas」のどちらでも好みで選んで良いのではないかと思います。

当サイトはもうしばらく「WpTHK」のままで様子を見ようと思っています。時間的に余裕ががあればすぐにでも変えてみたい気はしていますが、まだ「WpTHK」も更新はされるようですので現状維持といったところです。

何れにしても「WpTHK」「Luxeritas」どちらも本当に良いテーマだと思いますので、これからも陰ながらプッシュしていく予定です。

スポンサーリンク
トップへ戻る