無料WordPressテーマ STINGER PLUS2 が公開されました

STINGER PLUS2 ロゴ

正直な話 STINGER PRO が公開された事で、もう無料のSTINGERシリーズはリリースされないのではないかと思っていましたが、やはり STINGER8 では機能を絞りすぎたと思ったのか STINGER PLUS+ の再配布を望む声が多かったからか、こうしてまた STINGER PLUS2 として無料配布を再開してくれた事は嬉しい限りです。

スポンサーリンク

STINGER PLUS2のダウンロード

※2017/06/26追記
一時的なものだと思いますが現在、配布停止中のようです。

※2017/06/27追記
配布再開されました、特に更新は無いようです。

おま環かもしれませんがウチの環境だと1つダウンロードする度にページのトップまでヌルっと戻されます…ぐぬぬ、地味に嫌らしいなこれ。

配布ページではまだβ版とされていますが、基本的に過去のSTINGERシリーズで実績のあるテンプレートを流用しているはずなので致命的なバグなどは無いだろうと思われます。

尚、ダウンロードが中止されていた STINGER8 のダウンロードも再開されてますので。そちらと間違えないように注意して下さい。

特にバージョンアップに関する説明は見当たりませんが、日付を見るとSTINGER8もひっそり更新されているようなので、そちらもこの後でチェックしてみたいと思います。

※2017/06/23追記
チェックしてみました、詳細は以下のエントリーで。

STINGER PROとの差別化

それでは早速、ざっくりとではありますが有効化して内容を確認してみたところ、STINGER PLUS+ と micata2 を統合したような感じですね。と言うか micata2 に広告表示用のウィジェットをつけたと言えなくも無いですが。何れにしろ STINGER PRO のポジションからも両テーマは一本化されたと思って良いでしょう。

※2017/06/26追記
と思ったらマニュアルのページに micata3 のカテゴリーが出来てるじゃないですか。公開は未定との事ですが STINGER と統合されたわけでは無さそうです、失礼しました。

以前 micata2 を利用していた人には違和感無いと思いますが、STINGER PLUS2 は「無料ではここまで出来るけど、この機能が欲しかったら有料版を買ってね♪」という、いわゆる STINGER PRO のお試し版という位置付けになっているようです。

だったらリリース時期は同時か逆にした方が良かったのでは?というのはあえて言わないでおく事にしましょう。

STINGER PLUS2では利用出来ない機能

STINGER PLUS2 PRO限定マーク

STINGER+2管理や投稿・固定ページの編集画面などで PRO とマークの入っている部分が STINGER PLUS2 では利用出来ない機能になります。

STINGER+2 管理とウィジェットなど

STINGER PLUS2 管理画面

STINGER PLUS+ で出来た事は当然 STINGER PLUS2 でもそのまま出来るだろうと安直に考えていましたが、色々見ていくと有料版に移行された機能も少なからずある事に気が付きました。

他にもまだあるかもしれませんが

  • トップページの挿入コンテンツ(micata2)
  • オリジナルのショートコード作成ウィジェット(micata2)
  • STINGERオリジナルボタン

などがあります。

挿入コンテンツ

STINGER PLUS2 管理画面 トップページ

オリジナルボタンとショートコード作成ウィジェット

STINGER PLUS2 ウィジェット

トップには固定ページが挿入出来るので、挿入コンテンツは特に無くても不都合はありませんし、ボタンも自分でスタイルを作るだけなのでそれほど問題は無いように思いますが、オリジナルのショートコード作成ウィジェットはCTA的な使い方も出来て便利だったので、この機能の有料化は少し残念なところです。

一応こちらの記事で紹介している方法で出来ない事も無いので、よろしければご参考までに。

あと、これは要確認ですがフッター部の Powered by STINGER. が簡単には削除出来なくなっているような…

編集画面のクイックタグと表示オプション

STINGER PLUS2 クイックタグ

この画像では少々見辛いかもですが、ところどころに反転したボタンがあるのがわかるでしょうか?この押しても反応の無いボタンが有料版のみ利用出来る機能です。

ですが、元々 STINGER PLUS+ や micata2 にあったスタイルなら、CSSまでは削除されていないのでクラスの指定さえしてやれば使えるものがいくつかあったりします。

あまり余計な事を書くと修正される可能性もありますが、スマホ・PCに表示しないボックスはクラスに smanone または pcnone を指定する事で利用出来ますし、全サイズ左右○%ボックスは

<div class="clearfix responbox50 smart50">
    <div class="lbox">
        左側のコンテンツ50%
    </div>
    <div class="rbox">
        右側のコンテンツ50%
    </div>
</div>

こんな感じで利用する事は出来ます。親テーマの style.css を開いて中を見てみるとそれっぽい部分があるので適当に探ってみて下さい。

あとは表示オプションですが

STINGER PLUS2 編集画面 表示オプション

むーん…この辺りは少々悩ましいところです。

有料版である STINGER PRO の購入を促進したいのは理解出来ますが、あまり制約が多いと STINGER PLUS+ や micata2 を持ってる人は「これなら前のでいいや」という事になりそうな気もしてしまいます。

STINGER PRO購入前のお試しとして

STINGER PLUS2 という名前から STINGER PLUS+ の後継バージョン的なものを期待するとちょっと違う感じはしますが、まだざっと見ただけですしあくまでもβ版という事で仕様変更の可能性もあるので、今の時点で言える事はこのくらいかな?といったところです。

STINGER PLUS+、micata2からの乗り換え

現在、運営中のサイトに STINGER PLUS+ または micata2 を適用している場合は、すぐに乗り換えずしばらく様子を見た方が良いでしょう。今のところ劇的な違いはみられませんし、逆に使えなくなる機能があるのではっきり言って現時点での乗り換えはオススメ出来ません

STINGER8からの乗り換え

STINGER8 からならすぐに乗り換えて良いような気もしますが、スタイルやクイックタグ関連が完全に共通では無い可能性もあるので事前にチェックしておいた方が無難かと思われます。と言うか STINGER8 からの乗り換えだと一気に機能が増えすぎて戸惑ってしまうかもしれません。

どちらのテーマから乗り換える場合も、テーマをインストールした後で最低でもライブプレビュー程度の確認はした方が良いでしょう。

無料版と有料版 どっちがオススメ?

よほど細かい部分まで設定したいという人で無ければ、無料版の STINGER PLUS2 で十分満足出来ると思いますが、自分でテーマをカスタマイズしたりタグを書いたりするのが面倒だーという人は STINGER PRO を購入して、ひたすら記事を書く事に注力するのもありかと思います。

私の場合は、無料でも有料でも結局カスタマイズしないと気が済まないところがそれなりに出て来るので、どうせ手間暇かけなきゃいけないのなら無料で十分派です。

何の参考にもならないオチで申し訳ないですが、それでは今日はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る