WordPress初心者向け FFFTPの使い方 ファイルのアップロードとダウンロード方法

最近では管理画面から簡単な設定を行うだけでWordPressをインストール可能なレンタルサーバーが増えてきたので、WordPressを利用していてもFTPクライアントを使った事が無いという方がいても不思議ではないように思います。

テーマやプラグインのインストールはダッシュボードから出来るので特に不都合はありませんが、自分でWordPressのカスタマイズをするようになってくると、子テーマにファイルを追加しなければならなかったり、ファイルのバックアップも必要になるでしょう。

そこでパーミッションの設定だとか暗号化がどうとかいう小難しい話は置いといて、FTPクライアントを利用したファイルのアップロードとダウンロードは出来るようにしておきたい、という事でその方法を簡単にまとめてみました。内容としては扱いやすいFTPクライアント「FFFTP」の紹介と、主なレンタルサーバーの公式マニュアルへのリンク、及びその補足といった感じになります。

定番FTPクライアント FFFTP

当エントリーでは初心者にもオススメ出来る定番FTPクライアントとしてFFFTPをピックアップして紹介しています。オリジナル版は既に開発が終了していますが、オープンソース化され有志の方によって現在も開発が継続しているものです。

FFFTPのダウンロード

最新版のインストーラが用意されていないので、とりあえずダウンロード出来る中から最終バージョンをダウンロードして、インストール後に更新機能を利用してアップデートする事になります。

以下のどのサイトからでも結構なので、使用しているPCに合わせて FFFTP または FFFTP(64bit版)をダウンロードして下さい。

インストールとアップデート

ダウンロードしたファイルの拡張子(ファイル名末尾の.xxxの部分)が exe の場合は実行してインストール、zip の場合は任意のフォルダに展開します。

ffftp.exe を起動すると最初にホスト一覧のダイアログが表示されますが、一旦「閉じる」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。

FFFTP 起動痔のホスト一覧ダイアログ

ここは自動だったか手動だったか正直自信がありませんが、新しいバージョンがあります的なお知らせがポップアップした場合は素直に「はい」をクリックして下さい。

FFFTP 更新情報ダイアログ

お知らせがポップアップしない場合は、メニューバーの ヘルプ > ソフトウェアの更新を確認 をクリックして指示に従って下さい。

FFFTP ソフトウェアの更新

しばらく待つと更新準備完了のメッセージが表示されるので、OKをクリックしてから一旦FFFTPを終了します。

FFFTP 更新準備完了

更新完了のメッセージが表示されたらOKをクリックします。

FFFTP 更新完了

この後すぐアカウントの設定に入る場合はFFFTPを再起動して作業を続けて下さい。

FTPアカウントの設定

FTPアカウントの設定に関しては各レンタルサーバーの公式マニュアルにFFFTPの設定方法が解説されているのでそちらを参照していただければと思います。

また、管理画面からファイルマネージャー(WebFTP)という機能を利用出来るレンタルサーバーもあるので、そちらのリンクも併せて貼っておきます。FFFTPの使い方がいまいちよくわからない、またはファイルマネージャーの方が使い易いという場合はそちらを利用しても良いでしょう。

エックスサーバー

Xdomain

ファイルマネージャーはHTMLサーバー、PHP・MySQLサーバーのみ利用可能です。

ロリポップ

mixhost

ファイアバード

ミニバード

ウェブクロウ

WPblog

WPblogでは wp-content 以外のディレクトリへのアクセスが制限されているので .htaccess や wp-config.php などは編集出来ません。

お名前.com

バリューサーバー

さくらのレンタルサーバ

ファイルマネージャーを利用する場合は前提条件も確認して下さい。

ドメインキング

FFFTPの使い方

それでは無事FTPアカウントの設定が完了したと仮定して話を進めたいと思います。ファイルマネージャーを使う事にしたからいいやーという方も、万が一に備えて使えるようにしておいて損は無いでしょう。

FTPアカウントへの接続

FFFTPを起動するとホスト一覧がポップアップ表示されます。

FFFTP ホスト一覧

この画面に設定したホストが表示されるので、接続したいアカウントを選択して接続ボタンをクリックします。

接続を一旦切断した後で再び接続したい、または違うアカウントに接続したい場合は

  • ① ツールバーから接続ボタンをクリック
  • ② メニューバーから 接続 > 接続 を選択
  • Ctrl + C
FFFTP ツールバー 接続ボタンをクリック

① ツールバーから接続ボタンをクリック

FFFTP メニューバー 接続 接続

② メニューバーから 接続 > 接続 を選択

どの方法でもホスト一覧のダイアログが表示されるので、先ほどと同様の手順でFTPアカウントを選択して接続します。

基本的な画面構成

FFFTP 基本的な画面構成

FFFTPでは画面が左右2ペインに分かれて表示されますが、左側がローカル(自分のPC)で右側がホスト(サーバー)のファイルになります。

WordPressのインストールフォルダ

一般的な用途としては主にテーマのカスタマイズやファイルのバックアップになると思うので、やはり wp-content > themes の中にあるフォルダを参照する事が多いでしょうか。

それ以前に wp-content の場所がわからないという場合は public_html の中…かな?その辺りはレンタルサーバーによって違う可能性もありますので、各レンタルサーバーの公式マニュアルを隅から隅まで探していただければと思います。

ファイルのアップロード

まずPCからサーバーにアップロードしたいファイルを選択します。アップロードの方法はいくつかありまして

  • ① ツールバーの アップロードボタン をクリック
  • ② メニューバーから コマンド > アップロードを選択
  • ③ 右クリックで アップロード を選択
  • ④ 選択したファイルをドラッグ&ドロップ
  • Ctrl + U
FFFTP ツールバー アップロードボタン

① ツールバーの アップロードボタン をクリック

FFFTP メニューバー コマンド アップロード

② メニューバーから コマンド > アップロードを選択

FFFTP 右クリック アップロード

③ 右クリックでアップロードを選択

以上の方法でアップロード出来ます。

既にファイルが存在する場合は上書きの確認が来るので、オプションを選択してOKをクリックします。一度に複数のファイルを指定する事も出来ますが、慣れない内は誤操作の無いよう1ファイルづつ確実に操作した方が良いかもしれません。

FFFTP 既にファイルが存在する場合 上書きオプションの選択

複数のファイルやフォルダを一括で操作する場合は「OK」だと1ファイルごとに確認されますが「以降全て」をクリックする事でその後の全ファイルに同じオプションが適用されます。

ファイルのダウンロード

ファイルを操作する方向が画面の右から左になるという違いはありますが、基本的な操作方法はアップロードと同じです。

サーバーからPCにダウンロードしたいファイルを選択して

  • ① ツールバーの ダウンロードボタン をクリック
  • ② メニューバーから コマンド > ダウンロードを選択
  • ③ 右クリックで ダウンロード を選択
  • ④ 選択したファイルをドラッグ&ドロップ
  • Ctrl + D

この場合もファイルが既に存在する場合は上書きの確認が来ますので、適切なオプションを選択してOKをクリックして下さい。

まずはバックアップから始めよう

当エントリーで紹介した内容はFFFTPの使い方としては本当に初歩の初歩といったところですが、ごく一般的なWordPressの運用に関してはこれで十分ではないかと思います。

まずはFTPの操作に慣れる為と転ばぬ先の杖的な意味でテーマ関連ファイルのバックアップを取ると良いでしょう。バックアップというのは「そろそろやろうかな?」と思っているとそれを狙ったかのようにトラブる事が稀によくあるので、定期的に取っておく事を激しくオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

フォローする

トップへ戻る