サイトの読み込み速度を測定してみよう

lights-1577471_1280

WordPressを使っているとサイトの見映えを良くしようとして、ついプラグインやウィジェットをてんこ盛りにしてしまう事がありますが、あれもこれもと欲張って詰め込み過ぎると、それだけページが重くなって表示するのに時間がかかってしまうという弊害が出てきます。

スポンサーリンク

あなたのWordPressサイトは大丈夫ですか?

常に快適なPCや通信環境でサイトをブラウジングしていると気が付けない事もあるかと思いますが、全ての方がそうした環境からアクセス出来るとは限りません。

表示が遅いサイトってストレスになりますよね

確かにいつまでも読み込み中のアイコンがグルグル回っているようなサイトはさっさと閉じて他のサイトに移動したくなるのが人情です。せっかく良い記事を書いていても、訪問してくれた人に読む前に帰られてしまっては意味がありませんね。

ページが重いと他のサイトに移動されてしまいます

サイドバー等に表示される「最新の投稿」や「関連する投稿」の中に気になる見出しがあっても、そこをクリックした途端にまたグルグルし始めたら「もういいわ!」と閉じられてしまう事もあるでしょう。私も決して気が短い方ではありませんが、そのサイトでは閲覧を諦めて他のサイトに行ってしまうだろうと思います。

サイトの読み込み速度を測定してみよう

自分が運営しているサイトの表示速度は今どのくらいなのか、一度はチェックしてみる事をおすすめします。どちらもGoogleのサービスでそれほど内容に差はありませんので、まずは好きな方で試してみると良いでしょう。

Mobile Website Speed Testing Tool - Google

画面右下で言語を選べるようですが残念ながら日本語はありませんので、とりあえず計測して数値を参考にする程度で。

PageSpeed Insights

全て日本語で表示されるので、改善提案の内容を参照したい場合はこちらで計測した方が良いでしょう。

数字はあくまで目安として考えよう

数字が100に近いほど良いというのはさすがにわかりますが、そうでない場合はどの程度の数字なら及第点だとか妥協ラインだといった事は実は私もよくわかっていません。とりあえず赤点だけは嫌だなーとその程度の認識だったりします。

当サイトの表示速度はこんな感じでした

当サイトの読み込み速度測定結果

MOBILE SPEEDがPOORと言われてしまいました…

ぐぬぬ…モバイルスピードはしっかり赤点貰ってました。当サイトは無料レンタルサーバーなので、ある程度は仕方が無いかもしれません。恐らく利用しているテーマ「WpTHK」のおかげで、そこそこいい数字が出ているのだろうと思いますが、まだ速度向上に関していくつか設定していない部分はあるので、とりあえずやれるだけの事をやってみてからリベンジしたいと思います。

リベンジは次のエントリーで!

あくまで「目安」とか言った割に結構ムキになってたりしますが、そこは性分なんでしょうね。数字に拘り過ぎて大事な事を忘れてしまっては本末転倒ですが、サイトを快適に見てもらうのは非常に重要な事だと思ってますので、その一環として出来るだけの事はしておきたいとそんなところです。

今回のエントリーでそこまで一気にやってしまうつもりでしたが、もう少し下調べをしてからにしたいので、次のエントリーでサイトの表示速度アップに関するカスタマイズについて何か紹介出来たらいいなと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る