レトロゲーマー感涙モノ?「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がもうすぐ発売

任天堂から11月10日に発売が予定されている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」ですが、発売まで残すところあと数日となりましたね。

スポンサーリンク

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」がもうすぐ発売されます

リアルタイムのファミコン世代としては放っておけない話題ゆえにちょいと飛びついてみましたが「コンパクトになった本体に当時のゲームが何本か入ってますよ」といった程度の情報しか持っていない事に気付いたので、一度どのようなものかちゃんと確認してみようと思った次第です。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」とは

手の平サイズにコンパクト化された本体に、ファミコンを語る上で欠かせないマリオやゼルダをはじめとした有名ファミコンタイトルが合計30本収録されているようです。テレビやPC等のUSB端子から電源を供給出来たり、モニターへの出力がHDMIケーブルになっているのはさすがに現代的な仕様と言えますが、果たして当時のゲームを今プレイして面白いと思ってもらえるのか、その辺りが実に興味深いところです。

価格は\5,980で収録タイトルは30本

ここで収録タイトルを全てコピペするのも何ですので、公式サイトへのリンクを貼っておきます。詳細な仕様や収録タイトルの一覧はそちらを参照していただければと思います。当時のパッケージそのままの画像が使われているので、知っている人には懐かしく感じる事でしょう。

正直な話「なぜそれを選んだ…」と思うものも何本かありますが、その辺りは個人の好みによるので何とも言えないところです。よくベストアルバムなんかでもありますよね、「なんであの曲が入ってないのー?!」みたいな。

個人的に収録して欲しかったソフト

個人的な趣味で選ばせてもらうと「デビルワールド」「クルクルランド」「ファミコン探偵倶楽部」「ふぁみこんむかし話」「ゼビウス」「ザナック」「ドルアーガの塔」「ファミコンウォーズ」「キングオブキングス」「スターラスター」「ワルキューレの冒険」「ケムコ三部作」あたりもぜひ入れて欲しかった気がします。この調子で挙げだしたらキリがありませんが、発売されていたゲームの本数を考えたらそりゃ30本で収まるはず無いですけどね。

特に「ファミコン探偵倶楽部」と「ふぁみこんむかし話」はもっと続編を出して欲しいと思っていたシリーズです。一応スーパーファミコンでも「ファミコン探偵倶楽部」は出ていたんですが、二作目のリメイクのみでしかもニンテンドウパワーとか…そんなの出てた事さえ知らない人が多かったと思いますよ?

とは言うものの、複雑な分岐やマルチエンディングの無いアドベンチャーゲームは基本的に1回プレイしたら終わりなので、収録されなかったのも仕方が無いというのは理解出来ます。その割に「ファイナルファンタジーIII」とか入ってたりしますけどね…あれはニンテンドーDSやPSPでもリメイクされてるし要らなかったんじゃないでしょうか。

思い出補正無しで当時のゲームがどこまで楽しめるか

少々話が脱線してしまいましたが、実際にファミコンで遊んでいた者にしてみれば、間違いなく当時は楽しんでプレイしていました。でも、その頃は本当にゲームなんてファミコンしか無かったですし(一応セガもありましたが)、今のように選択肢が豊富な時代でもありませんでしたからね。

当時を知らない若いゲーマーには正直厳しいかと

少なくとも平成以降に産まれたような若い世代に通用するものかどうかはハッキリ言って疑問…と言うより、むしろ即クソゲーの烙印を押されてしまうんじゃないかと心配なくらいです。ハードの性能的にも違いすぎますし、最近のゲームはグラフィックが本当にキレイですからね…見た目だけで敬遠されてしまいそうです。

購入層はファミコン世代の大人達か

今はRPGの戦闘シーンですらキャラクターがアニメーションしないと酷評される事もあるくらいで、簡単なエフェクト程度の演出では「何これ?しょぼ!」と言われてしまうような時代です。昔のゲームを何本セットにしたところで若い子には見向きもされず、喜んでいるのはファミコン世代の大人達だけなのではないか、そんな気がしています。

個人的な「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の評価

あくまでも個人的な見解になりますが、スマホですらそれなりのゲームがプレイ出来てしまう昨今では、この「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」はさすがに「ゲーム機」としての評価は厳しいものになります。収録タイトルの中にどうしても遊びたいゲームがあるなら、バーチャルコンソールという選択肢もある事ですし。

ですが、当時のゲームを懐かしんでみたいといった層や、親子でゲームを楽しみたい、ちょっとした旅行のお供といった目的なら面白いアイテムなのではないかと、そのように思います。

今は予約が困難なのを良い事にプレミア価格をつけられているようですが、そこまでして飛びつくほどのものでは無いと思いますので、「どうしても発売日に手に入れないと気が済まない」方以外は、もうしばらく様子を見てからの購入をおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
トップへ戻る