独自ドメインを取得する前にTLDと更新料金についてあらためて考えてみた

実は私まだ行った事が無いんですよ。アトラクションの待ち時間とか聞いただけでもうね、何が悲しくてせっかくの休日に高いお金払って行列に並ばないかんのかと…

「節子、それTLDやない!TDLや!」

スポンサーリンク

TLDとは?

のっけからつまんなくてすいません…

TLDというのはトップレベルドメイン(Top Level Domain)の略で、URL末尾の.comや.netの部分を指します。当サイトの場合は.xyzがそれにあたりますね。

TLDの種類

TLDは大別すると以下のような種類があります。

  • gTLD(一般トップレベルドメイン)
  • sTLD(スポンサー付きトップレベルドメイン)
  • ccTLD(国別トップレベルドメイン)
  • iTLD(国際トップレベルドメイン)
  • その他(一般的に取得出来ない特殊用途向け)

一応話の流れで書いてみましたが、この括りは特に気にする必要は無いかと思います。ただし、ドメイン自体はサイト運営を続けていく上で長い付き合いになるものですので、サイトのテーマや方向性を考えてじっくりと決めたいところではあります。

全てのドメインから選択出来るわけでは無い

現在ドメインの種類はあまりにも増え過ぎてどのくらいあるのか把握していませんが、誰でもその全てのドメインの中から選択が可能なわけではなく、中には条件を満たさなければ取得する事が出来ないドメインもあります。

誰でも取得可能なドメイン

以下のドメインは厳密に言えばそれぞれに主な用途はありますが、特にそれを意識する事なく誰でも取得してどのようなサイトにも利用する事が出来ます。

  • .com
  • .net
  • .org
  • .info
  • .biz

とは言っても.bizを自分の趣味のブログに使うような方はあまりいないとは…いや、勿論いてもいいんですけどね?

現在は上記以外にも当サイトで利用中の.xyzを含む新ドメインと呼ばれるドメインがあって、基本的にはサイトのカテゴリーにマッチしたものを選んだ方がベターですが、利用に関する制約は特に無いので自由に取得する事が出来ます。

新ドメインに関しては本当に数が多過ぎて例を挙げるのも大変ですので、こちらのページを参考にしていただけると幸いです。

取得条件のあるドメイン

わかりやすい例だと.jp関連のドメインになるでしょうか。

  • .co.jp(日本で登記を行っている企業)
  • .jp(日本に住所がある)

.co.jpはドメインを持っているというだけでユーザーの安心や信頼感に繋がるメリットがあるので、企業用のサイトならぜひとも選んでおきたいドメインでしょう。.jpに関しては個人で運用する場合は少々割高になるので、拘りが無ければ選択肢から外して良いかと思います。

また、新ドメインの.tokyoや.nagoyaのような地名にちなんだドメインもありますが、こちらはその地域に在住していなくても取得は可能との事です。

「.tokyo」は東京都以外にお住まいの方でも登録可能です。 また、東京に関連しない文字列の登録も可能です。

予算から考えたドメインの選び方

金に糸目はつけん!という方はともかく、ほとんどの方は可能ならば余分な出費を抑えたいと思うでしょう。そこで万人に当てはまるかどうかは微妙なところですが、予算的な面から見たドメインの選び方を考えてみたいと思います。

登録料金の安さを重視した場合

取得時にかかる初年度の登録料金でドメインを選ぶ場合は.comや.netのようなドメインは選択肢から外れる事になります。とは言っても通常時で約\1,300、キャンペーン期間中なら約\700程度ですので許容範囲と言えなくも無いですけど。ドメインには拘らないから\1でも安く!という事なら\100以内(振込手数料除く)で取得する事も可能です。

主にこんな方に向いているでしょうか。

  • とにかく「安いは正義!」で1年使ったらポイしてもOK
  • とりあえずお試しでドメインを取ってみたい
  • 期間限定イベント用のドメインが欲しい
  • ペラサイトを量産したい

更新して2年目以降も継続する場合はこの限りではありませんが、1年以内でとにかく安く利用したいという事なら選択肢は激安の新ドメインが最適です。

お名前.comのキャンペーン期間中が狙い目

登録料金のみで考えた場合、お名前.comのキャンペーン期間中にドメインを取得するのがベストな選択ではないかと思います。

  • .club
  • .xyz
  • .site
  • .website
  • .space
  • .online

キャンペーン期間中はこれらのドメインが\99、場合によっては\30になったりしますので、ドメインのまとめ買いによる割引を除けば、恐らくこれが最安と言って良いでしょう。

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

ただし、お名前.comでドメインを取得する際には「Whois情報公開代行」にチェックを入れる事を忘れないように!Whois情報公開代行はドメイン取得時に同時申請すれば無料ですが、後から申請した場合は毎年\980円かかるようになってしまいます。

これを忘れるとドメインを移管する事にもなりかねませんので注意して下さい。仮に移管するとしてもドメイン移管は登録後60日以上経過しなければ出来ませんので、それまでの間は所有者情報がモロ出しの状態になります…なので、しつこいようですが本当に注意して下さい。

更新料金の安さを重視した場合

新ドメインは取得料金が非常に魅力ですが(かと思えば高いドメインはアホみたいに高いですけど)2年目以降は一般的なドメインより更新料金が割高になる傾向があります。先ほど初年度の安さを重視していくつかドメインを挙げましたが、その更新料金はどうなっているか見てみましょう。

  • .club \1,980
  • .xyz \1,480
  • .site \3,980
  • .website \2,980
  • .space \1,480
  • .online \4,980

さすがにコレは無いわーと思うのは.siteと.onlineでしょうか。初年度が\99で2年目から\3,980とか\4,980っていくら何でもちょっと…ねぇ?そのドメインがスゴク気に入っていて値段も納得出来るのであれば本人の自由ですが、そうでない場合は早めに乗り換えた方が賢明かと思われます。

.comと.netの更新料金が\1,280だという事を考えると.xyzと.spaceの\1,480は容認出来ないレベルでは無い気もしますので場合によっては更新もありでしょう。

更新料金の安さを重視した場合は以下のドメインが候補になります。

  • .work \990
  • .click \920
  • .tokyoなど \920

うーん…何だかいまいちパッとしない感じですね。この中に好みのドメインが無い場合は.comか.net辺りが無難な選択でしょうか。

ドメイン取得のタイミング

どうしても今すぐマッハで独自ドメインが欲しい!という事で無ければ、自分が取得したいドメインのキャンペーン期間中が最もお得になります。

または有料レンタルサーバーの契約時に1つサービスでドメインを貰える場合も狙い目ですね。以前エックスサーバーのキャンペーンで

キャンペーン期間中にサーバーアカウントをご契約いただいたお客様には
サーバー本契約後、独自ドメインを1つプレゼント!
さらに対象ドメインの更新料金も無料といたします。

という事がありましたので、タイミングよく利用出来れば無料でドメインをゲットするチャンスになります。

エックスサーバーは一番安いプランでも月に約\1,000はかかりますので、本腰を入れてサイト運営に取り組んでいる方向けの話ではありますが、一応そういうキャンペーンもありますよという事でひとつ参考までに。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

問題はそのキャンペーンをいつやってくれるかわからないという事と、早い者勝ちである以上は誰かに先を越されてしまう可能性があるという事です。

もっとも今はTLDにさえ拘らなければ何とでもなる部分はありますが、ドメインは世界に一つしか無い一生モノだと思えば、どうしても押さえておきたい場合は多少の割引よりまずは確保する事を最優先に考えるべきでしょう。

結論 私ならどのドメインを選ぶか

長々と書いてきて結局それかい!というのは当サイトのお約束になりつつありますが、やはり個人的には無難にこの辺りにしておこうかしら?と思っています。

  • .com
  • .net

普通過ぎてすいません… orz

しかし、よほどレアな単語や複数のキーワードを組み合わせて作らない限り、.comは既に使われている事が多いので、大抵の場合は.netになっちゃうでしょうね。.comは取れたらラッキー程度に思っておいた方がガッカリしなくて済みそうです。最悪それでもダメなら新ドメインを使えば今は取れないドメインは無いと言っても良いでしょうし。

まぁ実際はドメインを何にしようか考えてる時が一番楽しかったりしますが…ドメインを取ったら取ったでそれを形にしていくのは色々と大変ですからね。出来ればそういった大変な事もひっくるめて楽しみながら気長にのんびりとやっていきたいものです。

スポンサーリンク
トップへ戻る