WordPressを自動インストール出来る無料レンタルサーバー

technology-1587673_1280

先日のエントリーではムダに話が長くなり過ぎて「無料のレンタルサーバーでWordPressをはじめてみましたよ」という内容しか書けなかったので、今回は実際に私が利用している無料のレンタルサーバーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

WordPressが簡単に使える無料レンタルサーバー

どのレンタルサーバーもWordPressの入門用としては十分実用的と言っていいレベルですので、好みで選んでいただいて問題ないかと思います。

WordPress無料レンタルサービス!WPblog

このWPblogは他の無料レンタルサーバーと違ってWordPressのみに特化したレンタルサービスで、運営しているネットオウルの公式サイトでは「WordPress無料レンタルサービス」と言うそうです。

独自ドメインを持っていなくても、アプリケーションIDを設定する事で5つまでWordPressをインストール出来るので、初めから複数のブログを運営したいと考えてる方にオススメです。

WPblogの主な仕様

  • WordPressを5つまでインストール可能(独自ドメイン不要)
  • 独自ドメイン・サブドメインの設定が可能
  • FTP接続対応
  • PCからの接続のみ広告表示無し(スマホ・タブレットは有り)
  • ストレージ容量:1GB
  • データベース容量:100MB
  • 月額\300でプレミアムプランを利用可能
  • サブドメイン:wpblog.jp

ストレージとデータベース容量はアプリケーションID毎の容量なので、WordPressを5つインストールした場合、平均的に使ったとして1つのWordPressにつき約200MBしか使えないのか…というような心配は不要です。と言うかそんな心配したのは私だけですか、そうですか。

利用にはネットオウルへの会員登録が必要になりますが、ネットオウルでは他にも無料ホームページサービスのウェブクロウや、有料レンタルサーバーのミニバード・ファイアバード、独自ドメイン取得サービスのスタードメイン等も運営しているので、ネットオウルに会員登録する事でWPblog以外のサービスもスムーズに利用登録が可能になります。また、ネットオウルの管理画面を経由して全てのサービスの管理画面へのアクセスが可能なので、保守がしやすくなるというメリットもあります。

尚、スタードメインで独自ドメインを取得していると、WPblogの管理画面上で簡単にドメインの設定が出来るようになりますので、ネームサーバーだとかDNSとか何のこっちゃーな方にはオススメ出来るかと思います。

公式のサポートマニュアルが非常に充実しているので、初心者の方でも安心して利用出来るのではないかと思います。スクリーンショットも使用してわかりやすく解説されているので、よほど特殊な例で無ければ大抵の事は解決出来るでしょう。

ドメイン取得&無料レンタルサーバー Xdomain

XdomainはWordPressの自動インストール機能がついた無料レンタルサーバーです。独自ドメインを持っていれば5つまでWordPressをインストールする事が可能ですが、独自ドメインが無ければWordPressのインストールは1つだけになります。

Xdomainの主な仕様

  • WordPressを5つまでインストール可能(独自ドメインが必要)
  • 独自ドメイン・サブドメイン利用可能
  • 独自ドメインが5つまで設定可能
  • FTP接続対応
  • 管理画面から.htaccessの編集が可能
  • phpMyAdminが使用可能
  • PCからの接続のみ広告表示無し(スマホ・タブレットは有り)
  • ストレージ容量:2GB
  • データベース容量:100MB
  • Xdomainでドメインを取得する事で機能が拡張可能
  • サブドメイン:wp.xdomain.jp

データベース容量はインストールしたWordPress毎に100MBとなりますが、ストレージ容量はインストールした全てのWordPressでシェアする事になると思いますので、複数のWordPressを運用したい場合はPHP・MySQLサーバーにもWordPressをインストールするか、Xdomain以外の無料レンタルサーバーと併せて利用した方が良いかもしれません。

※2016/12/07 追記

WordPress機能の仕様について | エックスドメイン マニュアルによると、どうやらストレージ容量も1サイト毎に2GB割り当てられるようです、失礼しました…

とは言うものの、管理パネルを見る限りではDB容量はインストール済みのWordPress毎に確認出来ますが、サーバー利用状況はその下に1つしか無いのがちょっとよくわかりません。なのでこの辺はまた改めて調べておきますという事でお願いします。

尚、このXdomainはレンタルサーバーとして実績のあるXserver(エックスサーバー)の運営するサービスなので、安心して利用出来るのではないかと思います。

ちなみに当ブログはこのXdomainの無料レンタルサーバーにお名前.comで取得した独自ドメインを設定して運営していますが、使い勝手の良さとストレージ容量的に無料レンタルサーバーの中では最もオススメと言えるかもしれません。

無料で使えるホームページサービス! ウェブクロウ

ウェブクロウはXdomainと同様にWordPressの自動インストール機能がついた無料レンタルサーバーです。WPblogと同じネットオウルが運営していますので、ネットオウルに会員登録していれば簡単な手続きだけですぐに利用する事が出来ます。

ウェブクロウの主な仕様

  • サーバーアカウントを5つまで作成可能
  • 独自ドメイン・サブドメイン利用可能
  • FTP接続対応
  • ファイルマネージャーが使用可能(htaccess等の直接編集も可)
  • phpMyAdminが使用可能
  • 管理画面からサイト転送設定が可能
  • PCからの接続のみ広告表示無し(スマホ・タブレットは有り)
  • ストレージ容量:1GB
  • データベース容量:50MB
  • サブドメイン:webcrow.jp

データベース容量50MBというのは他のサービスと比較するとちょっと少ないように思えますが、テキストだけで50MBを使おうと思ってもそう簡単に出来る事では無いので、特に気にしなくても良いでしょう。もし50MBを使い切りそうになってきたら、それはもう有料レンタルサーバーに切り替えて運用した方が良いレベルのブログだと思います。

ウェブクロウではサーバーアカウントを5つまで取得する事が出来るので、独自ドメインを持っていなくても各アカウント毎にWordPressをインストールする事で5つまでWordPressを作成可能です。

そんなに作ってどうするんだという話もあるでしょうが、WPblogとウェブクロウを併せて利用すると、1つのネットオウルIDで10コまでWordPressを作成する事が出来ますのでご参考までに。

まずは無料でWordPressを始めてみましょう

「WordPressを自動インストール出来る無料レンタルサーバー」というテーマで無料のレンタルサービスを3つ紹介させていただきました。今回のエントリーで紹介した以外にもHostingerという無料レンタルサーバーがありますが、私自身が利用していない為に詳細や使い勝手がわからないという事と、ネット上での評判があまりよろしくない感じだったので、あえて紹介を見送る事にしました。

ブログの規模や用途によってはやはり有料レンタルサーバー+独自ドメインで運用するのがベストだとは思いますが、個人の趣味レベルのブログであれば無料レンタルサーバーで十分過ぎるほどのスペックですし、私と同様に無料レンタルサーバーから始めて徐々にステップアップしていきたいと考えている方が、まずお試しに利用してみるならこれらの無料サービスは最適かと思います。既に有料レンタルサーバーでWordPressを運用している方にも、サブとしてのブログやテーマ・プラグインのテスト用としてオススメしたいです。

スポンサーリンク
トップへ戻る