無料で使えるお役立ちWordPressプラグイン

wordpress-logo-stacked-rgb

テーマをインストールして基本的な設定をある程度済ませると、見た目的にもだいぶそれっぽくなったような気がします。そのままでも実用的には特に問題は無いと言えば無いですが、せっかくWordPressを使うんですから自分の使いやすいようにプラグインを導入してカスタマイズをしてみましょう。

スポンサーリンク

あるとないとでは大違いなお役立ちプラグイン

それでは私がインストールして利用しているプラグインを簡単に紹介する事にします。主に見映えを良くする類のプラグインよりも、機能的に便利なものをピックアップしてみました。

WordPressのデフォルトプラグイン

まずはWordPressにプリインストールされているプラグインですが、どちらも有用なものなのでしっかり有効化して利用しています。

スパムコメントをブロック「Akismet

そのまんまの説明になりますが、スパムコメントをブロックしてくれます。言ってみれば迷惑メールフィルターのブログ版ですね。有効化するには少々面倒な手順でAPIキーというものを取得する必要がありますが、詳細な手順はまた別の機会にでも。

日本語環境では必須「WP Multibyte Patch

日本語環境でWordPressを利用するなら、よくわからなくても有効化しておいた方が良いでしょう。特にオプションはありませんので、有効化しておくだけでOKです。

私が必ずインストールしているプラグイン

人によっては不要なものも中にはあるかと思いますが、私のブログでは必ずインストールしているプラグインです。

ビジュアルエディタを更に使いやすく「TinyMCE Advanced

WordPress標準のビジアルエディタでも使えなくはないですが、自分の使い易いように配置を変えたりボタンを追加したりしていると、やっぱりこのプラグインが欲しくなります。

リンクをブログカードに「Pz-LinkCard

リンクをはてなブログのようなブログカードにしてくれるプラグインで、作者は日本の方です。一応、現在のバージョンのWordPressにはデフォルトでこうした機能はありますが、こちらの方が使い易いんですよね。

データベースのクリーンアップ&最適化「WP-Optimize

WordPressをデフォルトの状態で使っていると、自動でリビジョン管理してくれたり下書きを保存したりするので、このプラグインで時々不要なものをクリーンアップして最適化するようにしています。

簡単にタグを挿入出来る「AddQuicktag

自分でcssにセレクタを追加した場合、このプラグインで登録しておくとタグを手打ちしなくてもエディタから選択して使えるようになります。もちろんショートコード等にも使えるのでとても便利です。

PVの多い順に投稿を表示「WordPress Popular Posts

ウィジェットにPVの多い順にエントリーリストを表示したい時に使います。トップの画面にはこのプラグインで人気順の投稿リストを表示して、各エントリーを開いている時には最新の投稿リストを表示するといった感じで使い分け出来るようになります。

リンク切れをチェック「Broken Link Checker

ブログ内に貼ってあるリンクが有効かチェックしてくれます。ブログを長く続けているとどうしても外部リンク先が閉鎖したり移転する事が少なからずあるので、常に有効化しておく必要は無いですが定期的にこのプラグインでチェックする事をおすすめします。

カテゴリーの順番を入れ替え「Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの並び順を入れ替えたい時に使います。特に順番はどうでもいいという方には不要だと思いますが、私の場合は結構お世話になるので必須プラグインの一つです。

Pingの乱射防止に「WordPress Ping Optimizer

エントリーの投稿直後に何となく気になる部分があってコッソリ直したり、ちょっとした誤字脱字の修正程度でも、その度にPingが送信されてしまうのでそれを制限する為に入れています。

サイトマップを作成「Google XML Sitemaps

サイトマップはどうしても必要というものではありませんが、ブログへのアクセスをアップを期待するなら無いよりはあった方が良いでしょう。

検索エンジンに素早くインデックス「PubSubHubbub

エントリー投稿後に素早くGoogleの検索エンジンにインデックスしてもらう事が出来ます。有効化するだけで特別な設定は不要ですし、インストールしておいて損は無いかと思います。

あると便利なプラグイン

必須というほどでは無いですが、何かと便利な場合もあるのでブログによっては使っているプラグインです、

エントリーを簡単に複製出来る「Duplicate Post

簡単にエントリーのコピーが作れるようになります。エントリーのベースとなるテンプレートがあって、それに必要な部分のみ記述して投稿するようなスタイルのブログには便利だと思います。

目次が必要なら「Table of Contents Plus

当ブログでも各エントリーのアイキャッチ画像の下に設置していますが、ヘッダーのタグから目次を自動的に生成してくれるプラグインです。

編集画面から前後のエントリーへ「Admin Post Navigation

エントリーの編集画面から前後のエントリーに移動出来るようになるだけのシンプルなプラグインです。全てのエントリーを順番に開いて特定のタグの有無を確認、またはを修正するような場合には毎回一覧に戻らなくていいので便利ですが、そうした状況以外では特に必要無いかもしれません。

タグをグルーピング「Tag Groups

表示するタグの数が増えてくるとタグクラウドが見難くなってきますが、このプラグインを使えばタグクラウドをグループ毎にタブ化する事が出来るようになります。

良いプラグインを積極的に活用しましょう

私が利用しているプラグインを大雑把な説明ではありますが紹介させていただきました。探せばまだまだ有用なプラグインは他にもありそうなので、機会があればまたこうして紹介させていただければと思います。

プラグインに関しては解説しているサイトがたくさんあるので、色々と検索してみる事をおすすめします。多くの方が実際にインストールして使っているプラグインならば、それだけ実績があると言う事になりますから安心して利用出来るでしょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る